「金の切れ目が縁の切れ目」ということわざがある様に、お金を介した人間関係は非常に脆いものです。また、確固たる信頼関係が築けている相手だったとしても、お金の貸し借りが原因で疎遠になってしまうことも往々にしてあり得ます。男女ともに共通していることですが、「お金を借りる癖がある人」は総じて人間関係が悪くなりやすい特徴があります。

お金を借りることに慣れている男性は、「自己資本で対応できないものでもお金を借りることで何とかしようとする傾向が強い」ので、最終的に取り返しのつかない状態を引き起こしてしまうリスクが大きくなります。男性に限りませんが、女性の場合は男性からのサポートを受けられる可能性も高く、男性と比べるとお金を借りることで起こり得るリスクの度合いが小さく済みます。

また、借金癖のある男性は「浪費家」である傾向が特に強く、将来的に結婚生活を健全に送ることが難しくなってしまう可能性もあります。女性の浪費家が居ないということでは無いものの、生物学上の解釈で言えば女性の方が堅実な考え方になりやすいという特徴があるとされています。つまり、女性よりも男性の方がリスキーな生き物だということになる為、特に借金癖がある男性には近づきすぎない方が良いということです。

もし、借金癖がある場合には敬遠した対応をとる様にするか、もしくは「矯正する」というスタンスで接していくことが大切です。根本的な部分を改善させることは簡単ではありませんが、将来的なビジョンがある場合には「可能な限り矯正すること」を意識していきましょう。
お金を借りる方法のすべて|お金を借りたい時に確認すべき11の項目はこちら

子供を育てていると何かとお金がかかります。予定されている出費のみならず、いきなりお金が必要になることもあるものです。病気やケガのほか、学校に関する費用をすぐに支払わねばならないこともあるかもしれません。仕事をしていれば、銀行などからお金を借りることもできますが、借りられない状況の人もいるでしょう。ましてや、母子家庭で、しかも親兄弟など頼れる身内がいないと場合には、どうすればよいのでしょうか?
そういう場合には、母子福祉資金貸付金でお金を借りるという方法があります。母子福祉資金貸付金というのは、母子家庭で20歳未満の子育てをしている人に対して資金の貸し付けをしてくれるという制度です。この制度であれば、金利ゼロか低金利でお金を借りることができます。返済は据え置き期間後の、最長20年以内となっているので、家計に重い負担をかかることもありません。条件がいくつかあり、それを満たせばお金を借りることができます。
母子家庭で生活に困り、どこも貸してくれないとなると違法な闇金で借りるしかないと考えてしまうこともあるかもしれません。しかし、闇金は一度手を出すと抜け出せない借金地獄にはまってしまうパターンがほとんどです。そうならないためにも、まずは最寄りの役所に相談することをおすすめします。あまり知られていませんが、就学資金のみならず、生活費や引っ越し、事業化し市のための資金など、母子家庭を救済するためのさまざまな貸付金が用意されています。ですので、問いあわせてみるとよいでしょう。
http://matenwaclc.org